かさねの色目

  • 2019.02.06 Wednesday
  • 23:27

 

かせねの色目とは、平安時代の雅な色合わせのことで、

 

重ね、または、襲、の字が当てられます。

 

生地の表と裏の組み合わせは「重ね」、

 

重ね着をした衣には、「襲」を使うそうです。

 

当時、宮中の女性たちが身にまとった装束の衣は大変薄く、

 

衣を少しずつずらして着ることによって、生地の色が透けて重なり合う、

 

十二単の美しいグラデーションが生まれていました。

 

今の着物のように、自然をそのまま描くのではなく、

 

色の変化で表現していたということが、不思議でもあったのですが、

 

先日、NHKの番組を見て、なるほどと思ったことがありました。

 

今も建設中の世界遺産、「サグラダ・ファミリア」。

 

40年前から、日本人彫刻家の外尾悦郎さんという方が、

 

芸術工房監督を務めていらっしゃるそうです。

 

ガウディが残した建設資料は、内戦で焼失してしまい、

 

外尾さんは、わずかな手がかりを探しながら、

 

試行錯誤して教会を作ってこられたとのことでした。

 

ガウディは、「光」と「色」にこだわっていたそうですが、

 

近年発見された遺品のから、

 

グラデーションの研究をしていたことが分かったそうです。

 

外尾さんは、ガウディは自然から学んでいて、自然界には境目がない、

 

だから、境界線のない色のグラデーションの空間を創ろうとしていたのではないか、

 

というようなことを仰っていました。

 

ガウディも、かさね色目を生み出した平安の人々も、

 

境目がなく、ゆるやかに繋がり、調和している自然をお手本にし、

 

自然を表現しようとしていたのですね。^^

 

 

 

JUGEMテーマ:和心で生活を楽しむ

落語

  • 2018.12.16 Sunday
  • 00:40

 

先日数年ぶりに、生の落語を聴きに行ってきました。

 

 

 

学生時代に初めて小朝さんの落語を拝見して以来、ずっとファンですが、

 

ますます素晴らしく、人情噺ではウルっときて、圧巻でした!

 

落語に出てくる人たちは、たいていどこか抜けていて失敗が多く、

 

なかなかスムーズに事が運ぶことはありません。

 

だからこそ、互いの欠点は笑い飛ばして、おたがいさま、と助け合う、

 

懐の深さや温かさ、ゆったりと流れる時間があります。

 

時に損得ではなく、理想や筋を通す、カッコよさもあり、

 

日本人の心が、落語の世界には残っているように感じます。

 

若い世代や子供たちにも、ぜひ観てほしいなと思います。^^

 

 

 

ユネスコ!

  • 2018.11.29 Thursday
  • 23:07

 

日本の「来訪神 仮面・仮装の神々」が、

 

ユネスコ無形文化遺産に登録されると報道がありました!

 

数年前に、和食が登録されたことも話題になりましたが、

 

能楽、歌舞伎、伝統の祭り、和紙、結城紬などが登録されていて、

 

まだまだリストに載っていないもののほうが多いでしょうが、

 

日本に素晴らしい文化が沢山あることは、嬉しいですね。

 

同じく登録されている「雅楽」

 

仏教と共に大陸から伝えられ、日本独自のものとして発展してきた雅楽ですが、

 

大陸では衰退し、当時の舞や音楽は失われているそうです。

 

日本の雅楽に、DNAとして残されている感じでしょうか。

 

現在、伝統文化の担い手不足も叫ばれていますので、

 

私たちが日本の文化に興味を持ち、知ることで、

 

ささやかでも、伝統文化を守っていくことに繋がればいいですね。^^

 

 

JUGEMテーマ:和心で生活を楽しむ

江戸東京博物館

  • 2018.11.15 Thursday
  • 13:00

 

両国の江戸東京博物館に行ってきました!

 

特別展で『玉ー古代を彩る至宝ー』が開催されていて、

 

ピカピカに磨き上げられた勾玉は、とても不思議で魅力的でした。

 

 

 

 

 

また、伝統芸能ウィークという催しものでは、寄席を観ることが出来ました。

 

(伝統芸能ウィークは、11月16日(金)までやっているようです。)

 

寄席での太鼓の叩き方もレクチャーして下さって、面白かったです!

 

たとえば、始まりの一番太鼓は、お客さんが大入りになりますように、ドンドコイ!

 

終わりの太鼓は、さっさと帰れと言わんばかりに、テンデンバラバラ・・・と叩く、など、

 

お互いに洒落が分かる、江戸人の遊び心がいいですね。^^

 

 

 

 

日本の色

  • 2017.11.04 Saturday
  • 00:00

 

こんにちは!みさとです。

 

最近、日本の色について少しずつ勉強していますが、

 

実に様々な、日本独特の色があり、驚きます。

 

確かに、紅葉もよく見てみると、一枚一枚葉の色は違い、

 

刻々と変わる、朝焼けや、夕暮れの色など、

 

自然界は微妙なグラデーションや、豊かな色彩で溢れていて

 

日本人は自然界の色を繊細に感じ、そのまま表現しようと

 

多様な色を生み出してきたのではないかと思いましたもみじ

 

先日、世界の子供たちの絵を観る機会がありましたが、

 

国や地域によって、色の使い方が全く違いました。

 

はっきり、くっきりと力強い色合いも、蛍光色のような明るさも素敵ですし、

 

日本の色のように、自然で素朴な色合いも味わい深く、

 

色には、その人には、世界がどのように観えているのか、というところまで

 

表れるように感じます。

 

色は奥深い、ですねにた

 

 

JUGEMテーマ:和心で生活を楽しむ

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

”江戸検”合格しました

つまみ細工「さとみや」ロゴマーク

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM