令和の初春 梅花の宴

  • 2020.02.19 Wednesday
  • 08:55

 

先月、東京国際フォーラムで開催されていた

 

「J−CULTURE FEST 平安宮廷スポーツミュージアム」

 

という展示を見てきました!

 

 

 

 

 

 

万葉集から源氏物語、ご大礼の儀式まで、衣装もミニチュアも素晴らしかったですが

 

令和の典拠、万葉集の梅花の宴の展示は、今年ならではかも知れません。

 

令和の由来となった、序文

 

「初春の好(令)月にして、空気はよく風は爽やかで(和らぎ)、

 

梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている。」

 

ここまでは知っていましたが、後半もまた素敵でした。^^

 

「ここに天を笠とし、大地を座敷にして、膝を近づけて酒を酌み交わす。

 

〜人々はさっぱりと自らの心のままに振る舞い、快く心が自ずと満ち足りている。

 

これを文筆にしなければ、どのような時に心を表現することができよう。

 

〜この庭の梅を詠んで、感じたままの短歌にしようではないか。」

 

(展示現代語訳)

 

 

広い空の下で、大地に腰を下ろし、互いに心を開き、

 

満ち足りた気持ちを、梅の歌で表す。

 

万葉の時代の人々の、豊な時間が感じられました。

 

新元号の令和には、このような景色があったのだと分かると

 

新しい時代が楽しみになります。^^

 

 

こちらは、万葉衣装。

 

飛鳥好きにはたまらない展示でした♪

 

 

 

JUGEMテーマ:和心で生活を楽しむ

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

”江戸検”合格しました

つまみ細工「さとみや」ロゴマーク

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM